スポンサーリンク

スポンサーリンク

女子高生、ちょっとがんばる(テスト投稿)

スポンサーリンク

誰もいない教室。

放課後になって、みんな帰っちゃったり、部活行って、ちょっと遅い時間だから廊下とか校庭はざわざわしてるけど、教室の中は静か。

どきどきしながら、中途半端な長さのスカートをたくしあげる。

ほんとはもっと短くしたいけど、何か派手目な子に笑われそうで、切るのもベルトのとこでまくるのもできない。

自意識過剰なんろうけど。

うしろを振り返って、教室の前とうしろのドア、どっちもちゃんと閉まってるのを確認する。もう十回くらいたしかめてる。

反対側の、窓の方はカーテンも全部開いてるけど、二年生の教室は三階だし、まわりに高い建物とかないし、誰からも見えない。……はず。

どきどき。

スカートの下に手を入れて、下着に手をかける。

お母さんにからかわれるのが嫌で、ユニクロとか、つまんないとこで買った花柄のショーツ。

サイズ合ってなくてちょっとゆるい。MだとゆるいのにSだときつくて中途半端。

両手の親指をゴムにかけて、ひっぱって、おろす。

ああ、心臓がはじけそう。どきどきする。指がふるえてる。ばかみたい、って思うのにふるえるのが止められない。

上履きを両方脱ぐ。ぽいぽいって脱ぎ捨てる。

そのままショーツをお尻から下ろして、右脚を持ち上げて、片方抜く。

ちょっとよろめいた。はは。緊張しすぎ。緊張して、胸とか喉とか、なんでか眼鏡の奥の両目とか痛いのに――そのどきどきが、怖くて、痛くて、きもちいい。

反対側の脚も抜く。

まるめたハンカチみたいなちっちゃい布が、右手に残る。くしゃっと丸める。誰かきても、ハンカチだって思ってもらえる。きっと。

これでもう、あたし、何もはいてない。スカートの下、すーすーする。

……へへ。

変態かな。いつもみんなが勉強してる教室で、……あの子がまいにち通ってる教室で、パンツ、脱いじゃった。

またちょっとよろっとしながら、近くの椅子をひっぱる。

あの子の席。あの子の椅子。

そっと座る。

スカートごしに、プラスチックの椅子の感触が、なんかすごい、なまなましく感じる。

変だよね。薄い布一枚、いつもより少ないだけで。

……あ、やだ。

脚の間、汗……? じゃない、でも何か、しめった、あったかいのが、うっすらと滲んできてる。いつもひとりで、部屋のベッドで、パジャマの上からこっそり指でそこ、擦った時みたいな。

今は、触ってもないのに。

制服、汚れちゃう……。

そう思って少しお尻をずらそうとしたら、下着よりも荒い感じのスカートの布が、湿ったとこに、こすれた。

「……ぁっ……!」

びくんと、腰が動く。嘘。こんなことくらいで。

でも……。

「……ん……ぁん……」

お尻を揺らすみたいに、椅子に押しつけると、すごく……気持ちよくて。

止まんない。

やだ。こんなとこあの子に見られたら、しんじゃう。恥ずかしくて、泣きながら、しんじゃう。

そう思ってたら。

「おい、誰かいるのか!」

「ひゃっ」

突然教室の前のドアが開いて、飛び上がるみたいに驚いた。

「何だ。もう下校の時間だぞ、部活もやってないんだから、早く帰りなさい」

あたしは一生懸命なんでもないふうに振り返った。教室を覗き込んでるのは、担任の先生だ。

がっかりしたのと、ほっとしたのと、何やってるのかばれそうでおっかないのと。右手に握ったままのショーツを、さらにぎゅっと握って隠す。今度は背中とかに冷や汗かきそう。脱ぎっぱなしの上履き、みつかりませんように。

「や……やだ、先生、こないだから文芸部、入ったんですよぉ……」

「うん、そうだったか? なら早く部室に行きなさい、もう少しで鍵が閉まるぞ」

「はぁい……」

先生は、すぐにいなくなった。

あたしはもう心臓ばくばくしながら、どうしてこんなにどきどきして、また……スカートの中、湿っちゃったのかなって考える。

あの子にみつかったら困るけど。

先生にみつかって、叱られたら、とか考えると、すごく怖くて、ぞくぞくする。

他の先生にばれるかな。クラスの子にもばれるかな。誰にも言わないでって、お願いしたら、どうだろう。何でもしますから。お願い先生、黙ってて。あの子にだけは、黙ってて。言わないでくれたら、あたしは、どうなったっていいから……。

「……ふう」

そこまで考えて、あたしはおおきくためいきをつくと、椅子の上で身を屈めた。ショーツをはき直す。椅子から立ち上がって、上履きもちゃんとはき直す。

立ち上がって、ついてもない埃を払うみたいにスカートをはたく。髪を直して、めがねを直して……ああ、いつもの、つまんない、地味なあたしに戻ってしまった。

次はもうちょっと、もっとどきどきする冒険、しよう。

スポンサーリンク

ランキングボタン・気に入ったらクリックしてください!